四柱推命の基礎知識

老子も大事にしてた陰陽五行説とはなに?四柱推命の基礎の”き” Part1

四柱推命をはじめとする
東洋の占いの基本となっているのが
「陰陽五行説」

陰陽五行説とは?

宇宙が始まり、混沌の中から陰陽は生まれました。
物事には何事も陰陽があって、お互いが持ちつ持たれつ
バランスを保ってこその世の均衡は保たれるという
中国の考え方が元となっています。

例えば、一番身近でわかりやすい陰陽は

陰は日陰で、陽はひなた。
男性🚹は陽で、女性🚺は陰。

太陽☀️が登る東の方角や午前中は陽で
太陽が沈んでいく西の方角や午後は陰

熱いものは陽で、冷たいものは陰
左手は陽で、右手は陰

今年生まれた赤ちゃんが皆男性ってこともないし
今日は一日中夜でしたって〜こともないよね😅
暑い日、寒い日ばかりだと作物も育たない

自然の世の中はきちんとバランスが取れてる
この均衡が破れると調和が取れなくなってくる

なんで左手が陽で右手が陰なの?

ん??🤔
でもなんで左手が陽で右手が陰なの?

コレは昔の中国の「論語」より…
天の北極星って動きませんよね?不動ですよね?
ですから、西洋でも東洋でも特別な星だったんです。

誰もが天の座に座りたく
その座を永遠のものにしたいから
不動の北極星に相応しく皇帝や天皇は
北の北極星を背後に、その光をバックに
南を向いて君臨するとされていました。

ということは、北を背後に南向きに座っている
皇帝の左側は、太陽が出てくる東となり陽
逆に右手は、太陽が沈む西となるので陰
と考えられていたんですね☺️

陰陽のバランスを保つには?

何かを得ようとしたいなら
まず与えることが必要だったり
前進するために、まずは退かなければ
いけないこともあったり。

陰陽のバランスを保って中庸を取るには
あえて逆手に取ることも重要だと
かの老子も考えていたようです。

陰陽五行説の五行とは?四柱推命の基礎の”き” Part2陰陽五行説の「五行」というのは この世の万物は木・火・土・金・水 (もく・か・ど・ごん・すい)の 5種類の元素からなるという考えで...

いつでもスキマ時間に見れる人気の四柱推命動画レッスンが2万円OFF

四柱推命の知識が全くのゼロでも大丈夫!LINEサポートは永年!

LINE登録はこちら

▼タッチできる動画をお試しください!