四柱推命の基礎知識

陰陽五行説の五行とは?四柱推命の基礎の”き” Part2

陰陽五行説の「五行」というのは
この世の万物は木・火・土・金・水
(もく・か・ど・ごん・すい)の
5種類の元素からなるという考えで

この5種類にも陰と陽がありますので
木の陰と陽、火の陰と陽…という感じで
10個の要素が出てきます。

10個の要素→十干(じっかん)

これを 十干(じっかん)あるいは
天干(てんかん)といって

  • 木の五行=甲(きのえ)・乙(きのと)
  • 火の五行=丙(ひのえ)・丁(ひのと)
  • 土の五行=戊(つちのえ)・己(つちのと)
  • 金の五行=庚(かのえ)・辛(かのと)
  • 水の五行=壬(みずのえ)・癸(みずのと)

があります。

陽の木は、木のお兄ちゃんで
兄を意味する「え」が付く
だから「きのえ」
陰の木、は木の弟くんで
弟を意味する「と」が付く
だから「きのと」

陽の人の気質はリーダータイプが多く
人を引っ張って行ったり
これと決めたら進んでいけますし
考えを外に出していけるタイプです

陰の人は強いリーダー格に追従して
安定や我慢といった気質が強いです
思い切った行動は陽の人ほどできなけど
しぶとく粘り強く成果を出すタイプ

十干をイメージにすると
こんな感じかな👇

人によって五行のバランスは異なる

宇宙の万物は、この要素があり
人間も宇宙のチリの一つであるので
人によって、この五行の気質を
持っていて

人によって、木の気質が多かったり
金の気質が多かったり、この五行の
バランスはそれぞれ違っていて
そうすると性格や特性も変わってくる
ということなんです☺️

 

陰陽五行の基本相性・恋愛の相性にも関係が?四柱推命の基礎の”き”Part3 基本の”き”の2回目で この世の中には 五行(木・火・土・金・水)があって さらにそれぞれを陰・陽に分けた十干(じ...

四柱推命の知識が全くのゼロでも大丈夫!子育て後、セカンドライフを輝かせよう

LINE登録はこちら

▼タッチできる動画をお試しください!