ブログ

健康と体調は陰陽五行のバランスでわかるのか?五行で痩せるダイエット

はてな
はてな
四柱推命って中医学や東洋医学とも関係していますか?
だー
だー
中医学や東洋医学の考え方は陰陽五行なので、全部繋がっていますね。自分の五行バランスを知ると食べたらいけないもの、ダイエットの効果を倍にすることもできるんですよ

この記事書いてる人

自分の五行バランス

人は、宇宙のどのバイオリズムで生まれたのか、また生まれた時の季節や、その瞬間に呼吸した空気などで、その人の体のバランスや性質が決まってきます。

生まれた生年月日と時間で命式と言われる「カルテ」的なものが出てくるのですが、これでその人の五行バランスが見れます。
この人の場合は、木が1、火が2、土が1、金が4ですね。
金の気質が多いということになります。

ではどんな風に健康面を気をつけたら良いのでしょう?

大過と相剋

木・火・土・金・水の五行はそれぞれ臓器を表していて、多すぎたり少なすぎたり弱められていると、その臓器が弱くなります。

五行と五臓の関係

木=肝臓・胆嚢
火=心臓・小腸
土=脾臓・胃
金=肺・大腸
水=腎臓・膀胱

この方のように金が多すぎると、木の肝臓や胆のうを弱めてしまうんです。
金から出ていく水がないので、金の有り余ったエネルギーは木をやっつけにいく(剋す)に使われてしまうので、この場合、水のエネルギーを補給してあげると回りが良くなります。

五行バランスを取る

水のエネルギーをどうやって補給するか?
体に直接取り込めるエネルギーは食べ物で五行は五臓、五味とリンクしているので、水の五味を補うことでバランスを取ることができますね

五味
木=酸味(さんみ)
火=苦味(にがみ)
土=甘味(かんみ)
金=辛味(からみ)
水=鹹味(かんみ・塩からい)

水=鹹味の食べ物は、黒胡麻、豆類、サバ、鯵、カニ、イカ、エビ、クラゲ。ひじき、大麦やハト麦、昆布やワカメなど海藻類になります。

こういった水の五味を摂ることで、金の力を程よく抜くだけでなく、金に弱められている木の肝臓の働きを助けるんです。

土が大過している人

私は土が5と大過しているのですが、土が大過すると五味は甘味なので糖尿病になる方が多いんです。実際に鑑定していても五行と五臓と五味のリンクはとても当たっているなと感じます。

土過多のダイエット

私自身は糖尿病ではないんですが、元々が甘味成分の多い体質なので、これ以上甘味を摂ってはマイナスになります。甘味はお米やデンプン質、じゃがいもなど、フルーツも甘味になるので、バナナダイエット、りんごダイエットなどは逆効果となります。

だけど甘いもの大好き。チョコレートはコーヒーと共に毎日食べていました。疲れたら甘いものを食べていたのですが、土が強いので水の腎臓を弱め、木の五行もゼロなので、肝腎要の肝臓も腎臓も疲れ切って、甘いものを取れば取るほど疲れが溜まってしまっていたんです。

甘味を抜かなければいけませんので、炭水化物を抜く、あるいは野菜などでのダイエットは効果的だと言えますね。

キャベツダイエット

若い頃キャベツダイエットで随分痩せたのですがリバウンドも激しく、1年のうちで夏と冬で体重差は10キロ以上ありました。土が多い人は体重の増減が激しくなる傾向があるんですが、まさにひどかったです。

 

こんな風に、陰陽五行で体質もわかり、食べたらいいもの、ダイエットの際に効果的な食べ物もわかってきますよ。ご自身の五行バランスチェックしてみてくださいね。四柱推命レッスンではこういった健康のバランスも見れるようになります。

四柱推命の知識が全くのゼロでも大丈夫!子育て後、セカンドライフを輝かせよう

LINE登録はこちら

▼タッチできる動画をお試しください!