四柱推命

引っ越しをする時に見る補助星?四柱推命の駅馬の出し方と注意点

 

はてな
はてな
引っ越しに最適な日って四柱推命で分かるんですか?
だー
だー
そうですね、私は九星気学で方角をみて、四柱推命で時期を見ます。良い時期っていうのは喜神/忌神を知ることが必要で、これはとても難しいのだけど、簡単にサクッと見れる方法もありますよ

引っ越しに良き日

一般的にはお引っ越しに良い日は天赦日・一粒万倍日・大安、先勝もよいとされますが、それともう一つ気にしてもらえたら良いのが「駅馬(えきば)」になります。

以前に、天赦日や一粒万倍日のような万人にとって良き日よりも、あなただけの最良日を知った方が良いよという記事を書いたのですが、今回はそれのお引っ越しに最良の日どりバージョンですね☺️

【あなたの開運日はこれ!】2024年干支カレンダー暦から見つけてね開運日は自分だけの日がいいに決まってる。天赦日や一粒万倍日は全員に良き日とされるけど、四柱推命では自分だけの開運日を出せる。カレンダーから探してみて...

駅馬とは?

昔は駅と駅の間を馬車が走っていました。私が住んでいる東京の「大森」も駅前には馬が並んでいたそうです。駅前にある天祖神社を管理しているおじいさんがお話ししてくれました。急ぎの連絡便だったようで「早馬(はやうま)」とか言われていたんですね。

でも馬も生き物ですから持久力には限界があります。東海道五十三次は53個の宿場町の駅に人馬を待たせておいて、リレー形式で駅伝のように走らせていたそうなのです。馬が伝馬で人の場合は飛脚ですね。書類のような軽いものは飛脚が活躍していたようです。

四柱推命の駅馬

四柱推命に駅馬(えきば)という補助星・神殺(しんさつ)がありますが、早馬があっちこっち走り回るような忙しいイメージの星になります。これが命式にあるとせっかちだったり忙しく躍動的な人という感じになりますよ。

また、動くという意味から、この駅馬が巡る時は引っ越しするという暗示があります。ただし注意も必要なので、下記チェックしてみてね👇

駅馬の出し方

駅馬は年支と日支から出されます。ご自身の鑑定書の年柱と日柱の十二支をチェックしてくださいね。例えば私は丑年生まれの、酉の日生まれですから、どちらも「亥」になっていますね。ですから私の「駅馬は亥」ということになります。

  • 申・子・辰=寅
  • 巳・酉・丑=亥
  • 亥・卯・未=巳
  • 寅・午・戌=申

冲や空亡は✖️

たとえば日支が亥の人は駅馬が「巳」ですが、これは同時に対冲でもあります。ということはこの人にとって巳の年や月は引っ越しには適さず、ただ忙しく良いように使われてしまったり空回りしてしまうような年になります。

空亡(天中殺)であっても同じような傾向になるので、引っ越しをしたいから駅馬の年に!月に!と決めてしまうのは良くないです。

あくまで駅馬のような神殺は単なる補助なので、まずは冲と空亡は避けましょう。人によっては駅馬が全く役に立たない場合もありますね

駅馬は簡単に探せますから、引っ越ししなきゃという時はチェックしてみてくださいね。本格的にみようと思ったら、喜・忌神の読み取りが必要なので、その際はご用命ください

四柱推命を自分や家族のために出来るようになりたい!いずれ仕事にもしたい方へ

たった8ヶ月で四柱推命講師として起業したい方はこちら

LINE登録はこちら

▼タッチできる動画をお試しください!