ブログ

1月1日0時〜1時は天赦日、天恩日、甲子3つ、一粒万倍日の最大吉日

はてな
はてな
いよいよ2024年が始まりますね!どんな年になっていくのでしょうか?
だー
だー
1年の計は元旦にありと言うように、良い1年にするには元旦に1年の計画を立てると良いですよ。しかもこの日は天赦日・一粒万倍日・天恩日・甲子陽遁始まりと大吉日が揃っていますからね

1年の計は元旦にあり

毛利元就?言葉の由来

この言葉の由来は、馮応京(ふうおうけい)の『月令広義(げつれいこうぎ)』の一説「1日の計は晨(あした)にあり、1年の計は春にあり、一生の計は勤にあり、一家の計は身にあり」

また毛利元就の「1年の計 は春にあり、1月の計は朔(ついたち)にあり、1日の計は鶏鳴(けいめい)にあり」も由来であると言われています。

鶏鳴(けいめい)はニワトリが朝一番に鳴く早朝ってことね。早起きは三文の徳と言いますしね☺️

人の印象も最初が肝心

物事の始まりは大事ですよね。人の第一印象は「パッと見3秒、話し方30秒、立ち振る舞い3分」と言われているそうです。最初がコケてしまうと元に戻すにはパワーがいるので、何事も最初が肝心なのです😁

吉日にやるといいこと

スタート揃いの良い吉日ですから、1年の自分自身を占う意味でも、ご自身のゴール設計や目標を立てると良いでしょう。下記のタイムバケットを使って書き込んでみてください。

書き込むという簡単な作業をしてみるだけで、本当に変わりますよ。考えがまとまったり、なぜかポジティブにもなります。ネガティブなことが思いついてしまったら、思い切って書き殴ってビリっと破って捨ててしまいましょう😁

紙サマが愚痴の身代わりになってくれますよ

四柱推命の大運はタイムバケット、人生の区切りをどう有効化するかサイレントキラーがやってくる前にタイムバケットを作っておこう。人生の大運は人生の1フェーズの区切り。大まかに目標を定めて動くこと。タイムバケットで有効に...

吉日が重なる大吉日

2024年1月1日は、天赦日(てんしゃにち/てんしゃび)・一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)・天恩日(てんおんにち/てんおんび)・甲子(きのえね)・陽遁(ようとん)始まりが重なる大吉日なのです。

元旦0時〜1時は甲子3つ

しかも!!月の干支、日の干支も「甲子」さらに!除夜の鐘が鳴る0時〜1時までは時間の干支も「甲子」と3つ揃うんです☺️

どんな良いことがあるかって?数字が3つ揃うだけでもエンジェルナンバーと言って縁起がいいと言われますよね?四柱推命でも干支が揃うと律音(りっちん) や併臨(へいりん)と言って これまた縁起が良いんです!

スタートの干支「甲子」干支が三つも揃うなんて!良いに決まってます。
甲子園球場だって、縁起の良い甲子に建設されてその名を冠しているワケですからね。元旦に、行ける人は0時から1時の日付が変わる頃に初詣に行くとより一層良いでしょう♡

子丑天中殺の私は、子の刻(23時〜1時)は大抵死んでおりますので(笑)起きていられるかが自信ありませんが、頑張って起きていたいと思います💪

吉日の意味

天赦日とは

何事もうまくいく”天が万物の罪を赦す日”が天赦日で、大安(たいあん)は一日を通して何をやってもうまくいく“大いに安し”の意味。実は天赦日は1年のうちで5、6回しかない超希少吉日なのです。しかも元旦に天赦日が来るのは2001年以来23年ぶりになります!

天恩日とは

天恩日は、天の恩恵で全ての人が福を受けるとされる最上の吉日で、結婚や婚約、何かを始めたり、財布を新調したりするのに良い日とされています。

一粒万倍日とは

一粒万倍日は、これまでの善行や努力が報われる日。 何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるといわれている。

この日に始めた小さなこと(種)が万倍にもなるという日、努力が報われる日でもあるのでこの日に始めたからといって何もしないでは結果は万倍になりませんよ☺️

甲子・陽遁(ようとん)始まり

四柱推命と同じく陰陽五行を元にしている九星気学の星の動きは、九紫火星→八白土星→七赤金星→・・という風に、降順に進んでいくのですが、この動きは年と月だけに当てはめられ、日の九星は180日間ごとに降順から昇順、昇順から降順に切り替わるんです。

一般に冬至が「一陽来復(いちようらいふく)」と言われ、最も太陽の(陽)の気が弱くなった冬至の日から、陽の気は少しづつ回復して大きくなっていくので、この日が陽の始まりとされていますが、陽遁始まりもココから陽の気が大きくなり明るい兆しが見えてくるといった、とても良い兆候の始まりであるとされているんです。

逆に180日間経つと夏から冬へ陽の気が翳りを見せる「隠遁(いんとん)」が始まります。冬から夏へ向かう陽遁、夏から冬へ向かう隠遁ということですね。どちらもスタートは「甲子」の日になります。

甲辰年の意味

甲も辰も上昇志向という意味があり、発展繁栄、学習、知恵、財を回す、独立、人脈といったキーワードがあります。元旦に今年してみたいリストを書き出してみましょう。
発展繁栄のために視覚化は必須です。

2024年甲辰はスタートして発展していく年。そして新しい人間関係も構築していく門出でもあります。そして肝心なのはお金を効果的に使うということ。どこに使うべきか?誰に使うべきか?何をするにも相性だって大事だもの☺️

そして最も重要なのは
自分を豊かにするため
楽しく過ごすためには?

これを一番に考えて、やりたいことを探してみるときっと見つかると思います☺️
意外と見つかりにくいから、書き出してみてね!しつこいってか…😅

四柱推命を自分や家族のために出来るようになりたい!いずれ仕事にもしたい方へ

たった8ヶ月で四柱推命講師として起業したい方はこちら

LINE登録はこちら

▼タッチできる動画をお試しください!